オリジナルのぼり・旗の激安印刷のことなら何でもご相談ください!【のぼり印刷ドットコム】

 
のぼり印刷が初めての方へ



印刷データ入稿でオリジナルのぼり旗
印刷データ入稿 レギュラーのぼり旗
印刷データ入稿 ショートのぼり旗
印刷データ入稿 スリムのぼり旗
印刷データ入稿 スリムショートのぼり旗
印刷データ入稿 ジャンボのぼり旗
印刷データ入稿 両面のぼり旗


印刷データ入稿 ミニのぼり旗
印刷データ入稿 横幕

印刷データ入稿 横断幕・垂れ幕
印刷データ入稿 三角フラッグ
印刷データ入稿 椅子カバー
印刷データ入稿 サークルマット

印刷データ入稿 手旗
印刷データ入稿 腕章





入稿データ作成ガイド
デザイン制作を依頼してオリジナルのぼり旗
デザイン制作依頼 通常のぼり旗
デザイン制作依頼 ショートのぼり旗
デザイン制作依頼 スリムのぼり旗
デザイン制作依頼 スリムショートのぼり旗
デザイン制作依頼 特大のぼり旗
デザイン制作依頼 両面のぼり旗

デザイン制作依頼 ミニのぼり旗
デザイン制作依頼 横幕

デザイン制作依頼 横断幕・垂れ幕
デザイン制作依頼 三角フラッグ
デザイン制作依頼 椅子カバー
デザイン制作依頼 サークルマット

デザイン制作依頼 手旗
デザイン制作依頼 腕章
デザイン制作依頼 たすき




デザイン制作依頼 FAXオーダーシート

のぼり旗取付器具
のぼりポール・竿
ミニのぼり用取付器具
スタンド・注水台
取付補助器具
検索隠しページ
ご利用ガイド
よくあるご質問
ご注文からお届けまで
配送・納期について
お支払い方法について
返品・キャンセルについて



のぼりコラム

シルクスクリーン印刷でオリジナルのぼり旗








横断幕・懸垂幕・垂れ幕・応援幕・店頭幕の専門店【MAKUSHOP】

横断幕・懸垂幕・垂れ幕・
応援幕・店頭幕の専門店
MAKUSHOP

営業日カレンダー



いつも見かけるカタチや大きさだけじゃない!多彩なのぼりの種類とは?

「のぼり」と聞いて、皆さんはどのような形、どのくらいのサイズを思い浮かべるでしょうか?こちらでは定番ののぼりから一風変わった形ののぼりまでいろいろな種類ののぼりを紹介しています。これからのぼりの作成を考えている方は、他と差がつく個性的なのぼり作りの参考にしてみてくださいね!

【のぼりのサイズを比較してみよう!】

ひとえにのぼりといっても、大きさだけで数種類あります。それぞれののぼりが大体どのぐらいの大きさかを比較し、またどんな用途にふさわしいかを知ることが大切です。のぼりのサイズについては、以下のようなものが代表的です。

■レギュラーのぼり(サイズ:600mm×1800mm)

<こんな時にピッタリ!>
・屋内外で大々的にアピールしたい
・外からたくさん集客したい

一番ポピュラーなタイプののぼりで、通常ののぼりを注文する場合にはレギュラーサイズを指定することになります。
ラーメン屋など飲食店のメニューや、和菓子屋などの老舗、住宅展示場の宣伝、神社の祭り、イベントの集客など用途を選ばず幅広いシーンで活躍します。屋内・屋外問わず設置することが可能です。

■スリム・スリムショート・ショートのぼり

<こんな時にピッタリ!>
・屋内外のちょっとしたスペースでアピールしたい
・すでに持っているのぼりと差別化して併用したい

(サイズ:スリム/450mm×1800m、ショート/600mm×1500mm、スリムショート/450mm×1500mm )

レギュラーサイズと比べて横幅・縦幅が狭いつくりになっており、場所を取らないコンパクトなのぼりとなります。
商店街や路地裏のお店、アパートの空室宣伝などで設置するとちょうどよい目印になるでしょう。通行人の邪魔にならないため、屋内の飲食イベントなどの設置にも便利です。またレギュラーサイズと並べて使用すると差ができて目立つのでより宣伝効果も上がります。

■ジャンボのぼり(サイズ:900mm×2700mm)

<こんな時にピッタリ!>
・広い場所でのアピール、誘導
・とにかく目立ちたい

とにかく人の目を引く目立つのぼりを用意したい!という場合にはジャンボのぼりがおすすめです。レギュラーのぼりの1.5倍ほどの大きさになるため、ひと際大きく見栄えがします。コンサートなどのイベントでアーティストの名前ののぼりを並べたり、広い会場のイベントの場所誘導などにぴったりといえます。
伝えたいことを大きくアピールするにはジャンボのぼりはおすすめです。

〜番外編〜
「ミニ」だからこそ訴求力抜群!お客様の近くにミニのぼり(サイズ:100mm×300mm)

<こんな時にピッタリ!>
・商品の近くでアピールしたい
・商品名や企業名、担当者名を印象付けたい

のぼりの中でも最も小さく、専用のスタンドとポールで取り付けます。スーパーマーケットの野菜や鮮魚売り場などに置いて、商品のPOP代わりとして使うと効果的です。またテーブルや机の上に置けるので、対面式のカウンターやデスクに置き、担当者の名前や業務をアピールするのもおすすめです。

【他と一緒じゃつまらない!オリジナリティが出せるのはコレ】

他の店と差をつけるために、のぼりに入れる文字やイラストなどのデザインを工夫するのももちろんよい方法ですが、のぼりの種類そのものにこだわることで更に差別化を図ることができます。サイズももちろん選ぶことができますので、世界にひとつだけのオリジナルののぼりを作ってみましょう。

■1枚で2枚分の宣伝効果!「両面のぼり」

両面が異なるデザインになっているのぼりで、左のように表は「食べ放題」裏は「飲み放題」など、1枚で2つの情報を伝えるのに便利です。
一般的なのぼりに使われている「テトロンポンジ」という素材に遮光剤を挟んで加工を施しているため透けにくく、印刷が反転して見えたりすることはありません。まさに一石二鳥ののぼりです。

■生地の色で注目を集める!「蛍光のぼり」

黄色は、人の注意を引く色の代表格です。その黄色でも、特に蛍光ポンジの生地を使用したのぼり発色が良く、目立つこと間違いなしです。交通安全の注意喚起や「飛び出し注意!」など標識の代わりとして、また工事現場など注意を促す場所に使われることが多いです。また、色が目立つという意味では、「激安セール」や「営業中」などお店のアピールに使うことも可能です。

■風にも強い斬新なカタチ!「セイルのぼり」

(サイズ:小/680mm×2600mm、大/900mm×3320mm)
文字通りヨットの「帆」のような形をしたのぼりを指します。
のぼりの上部をカーブ状にカットし、風にたなびく様はお客様にスタイリッシュな印象を与えまさに進化形ののぼりといえるでしょう。サイズは通常ののぼりと比べても大きいですが、風の抵抗を受けにくい形状のため安定感があります。また、ポールは組み立て式のためコンパクトに収納することが可能で持ち運びも便利です。

このように現在の「のぼり」には、たくさんの種類や特徴があります。
用途に合わせた大きさや形ののぼりを選んで、個性的なインパクトのあるのぼりを作ってみましょう!




[会社概要][特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー]