のぼり旗のオリジナル製作ならのぼり印刷.com オリジナルのぼり・旗の激安印刷のことなら何でもご相談ください!

店はのぼりで目立たせるのが第一歩

店はのぼりで目立たせる

よく知られていることですが、同じカテゴリーの商品は「松・竹・梅」のラクンを付けて販売するのがベストです。
これは商品の価値を判断しやすくなるという効果と、消費者には見栄もある為に最低ランクよりも少し上の商品 を選びやすくなるという訳です。

ですから、お店では利益率の高いものを中間の商品にしておくのがいいのです。 比較の基準があると、商品を 選びやすくなるというのはどんなことにも使えます。 例えば、喫茶店でコーヒー豆の値段に合わせてコーヒーの 値段を変えるよりは、50円程度の差を付けて500円・550円・600円とした料金にしたほうが良いというわけです。

コーヒー500円・オリジナルブレンド550円・スペシャルブレンド600円とするとオリジナルブレンドが一番出る ということになります。 心理学がどんなものにも応用できるとは限りませんが、消費者心理の基礎を理解して おくと、例えば仕入れの方法も変わってくるはずです。 売りたいものや、提供したいサービスを、真っ正面から アピールするだけでは上手くいかない場合には、比較する商品やサービスをお店の中に増やすことが重要です。

アピールしたい商品やサービスがあるのなら、まずのぼりなどを利用して目立たせる、次に来店してくれた お客さんに、選びやすい状況を作る、そして選択を任せるのがベストです。

街の中でお店を出し売買を成立させるためには、3つのステップが最低必要で、その上で満足してもらう必要が あります。 新規のお客さんにお店を知ってもらうためにはチラシやのぼりが必要です。

来店してもらったら、今度は選びやすくして、最後には選択が間違いではなかったと納得してもらうわけです。
全ては、お店に気付き来店することから始まります。 お店を出店している限り、お店の前までは来てもらわな ければいけませんし、お店に気付いてもらう必要もあります。
のぼりであれば遠くからでも目立ちます、のぼりに気が付いてお店のそばに寄ってきてもらえる効果もあります。

他にもこんな記事が読まれています