のぼり旗のオリジナル製作ならのぼり印刷.com オリジナルのぼり・旗の激安印刷のことなら何でもご相談ください!

のぼりは販促ツール

よいモノが売れる、美味しいものが食べられる、お店の雰囲気が良いところで買うというのはもう過去のものに なったと言われています。 あまりよくないモノが売れ、あまり美味しくなくても食べられ、 お店の雰囲気は二の次になっているという現実があるからです。
もちろん、よいモノは評価され、美味しいものは評判になり、お店の雰囲気がいいところでモノを買いたいという 人がいない訳ではありませんが、情報が溢れ過ぎてしまうと、大差がないと考える人や違いに気が付かない という人も増えてしまうものなのです。

マーケティングは売れる仕組みを作るもので、市場調査や広告宣伝、顧客管理などいろいろなことが含まれる 言葉です。 小売店では接客や販促活動がマーケティングの中心になり、カタカナを使わなくても日本では古く から行われていました。 例えば、月初めの一日だけ特別な和菓子を限定で売る和菓子屋さんは、 2日や3日も前から夜通しお客さんが並んでテレビでも評判になります。

もちろん、普段売っている和菓子もとても有名ですが、普段とは違った販売方法を取る事で、 売上げより評判を取る日を決めているわけです。
特別な方法をとらなくても、売れる仕組みを考えることはとても大切なことです。
もちろん、小売業を経営している人が考えていない訳はありません。 多くのお店の前にのぼりが立っているのは、 少しでも売上げを上げようとしているための方法のひとつです。

難しく考えるより、まず目立たせることが大切です、のぼりはまず目立たせるための販促ツールです。
難しく考える人は、のぼりの大きさにこだわったり、のぼりの中に書く文字数まで一読できる7文字までにしたほう が効果があると言います。
「ランチタイムメニューあります」というのぼりより「ランチメニュー」というのほりのほうが効果があるという訳です。

のぼりのスペースは限られていますので「ランチメニュー」のほうが文字は大きくなりますし、
一読して意味が分かればのぼりの効果があるという訳で、それなりの説得力があります。