のぼり旗のオリジナル製作ならのぼり印刷.com オリジナルのぼり・旗の激安印刷のことなら何でもご相談ください!

開店前に注目度UP!誰でも出来るのぼりのおしゃれなデザイン10選

開店前に注目度UP!誰でも出来るのぼりのおしゃれなデザイン10選

のぼりを作る際に、「どんなデザインにしたらよいのかわからない」「自分ではデザインのイメージがつかない」などと悩んではいないでしょうか。 実は、おしゃれなのぼりにはデザインパターン(テンプレート)があるので、それを参考にすれば、 デザインの知識がなくても、スキルがなくても簡単におしゃれなのぼりを作ることは可能です。
デザインについて難しく考えずに、アピールしたいテーマや商品に合ったパターンを選んでまずはのぼりを作ってみましょう。

本文では、参考になるデザインパターンを10、セレクトして紹介してまいります。 イメージに合うパターンのどれかを選び、イメージを当てはめていくだけで簡単に自社だけのオリジナルののぼりが出来上がることでしょう。

1.縦に短い文字を使い、視認性を高めたよく見るのぼりのデザイン

縦に短い文字を使い、視認性を高めたよく見るのぼりのデザイン
【特徴】 ▪ 文字のインパクトを効果的に活用
▪ 遠くから見ても何があるのかわかる
▪ 車の運転中でも認識しやすい

もっと詳しく情報を入れたい場合は、最も重要な商品名の周辺にそれよりも小さい文字で追加するとより興味が惹かれ注目度もアップします。
「おにぎり」の「お」の字の点をおにぎりにする、「お花見弁当」の文字の一部を花びらのデザインをあしらうなど、文字の一部に素材を使うとおしゃれでオリジナリティが増します。

オールマイティどんな場面でも使用可能
お店・商品・サービス・営業中の宣伝
場所・行事・イベント・募集・セール・売り出しの案内

2.のぼりの中心にロゴマークやキャラクター、商品などを置いたデザイン

のぼりの中心にロゴマークやキャラクター、商品などを置いたデザイン
【特徴】 ▪ 象徴的なデザインになる
▪ おしゃれな印象が高い
▪ 目線を動かすことなく印象を残す

ポイントは中央より少し上に素材を置くと目線が上がりより注目度が上がります。また、フォントは細く細やかなものを選ぶと控えめかつスタイリッシュな印象になります。
文字を読ませるのではなく、イメージを伝えたいときに効果的なデザインです。

お店や商品のイメージを伝えて印象を残したい
店の傾向・お店・商品の宣伝
行事・季節・イベントの案内

3.のぼりを上部分、下部分と2分割し「文字」と「素材」でおしゃれにデザイン

のぼりを上部分、下部分と2分割し「文字」と「素材」でおしゃれにデザイン
【特徴】 ▪ 2つの情報を同時に伝える
▪ 画像以外の背景色はシンプルに画像を引き立たせる

画像を入れることによりお客様に何かアクションを与え、印象を残すことが出来ます。
文字と商品のインパクト、その両方を大切にしたい場合や、強調したい情報が二つある場合に効果的です。

買って欲しい!食べて欲しい!購買意欲を掻き立たせたい
お店・商品・サービスの宣伝
行事・季節・イベント・募集の案内

4.のぼりの上部にロゴマークや写真を入れ、アイキャッチを作ったデザイン

のぼりの上部にロゴマークや写真を入れ、アイキャッチを作ったデザイン
【特徴】 ▪ 日本人の上から読む心理を突き、イメージを上に配置することによってより印象に残る
▪ 文字がわかりにくくてもイメージで伝えられる
▪ 遠くから見て文字が読めなくともどんなお店かわかる

遠くから見ても何があるのがわかりやすいという特徴に加え、ロゴマークや写真部分でオリジナリティをアピールできるという強みがあります。

広い範囲でイメージを伝えたい!イメージをアピールしたい!
お店・商品の宣伝
行事・イベント・募集の案内

5.文字の下にイラストや写真などのアイキャッチを置いたデザイン

文字の下にイラストや写真などのアイキャッチを置いたデザイン
【特徴】 ▪ 文字でイメージさせ、下部の画像でより引き立たせる
▪ 初心者でも簡単にデザインすることが出来る

アイキャッチ画像は一つののぼりにつき1つの画像を配置することを意識しましょう。様々な画像や写真を入れて宣伝したい気持ちも分かりますが、ごちゃごちゃしたデザインになるとお客様は見てくれません。 1つの画像を大きく表示させることによってその画像のインパクトが大きくなり注目を浴びます。

写真や画像を使って商品を大きくアピールしたい!
お店・商品・サービス・営業中の宣伝
場所・行事・イベント・募集の案内

6.のぼりを真ん中から左右に情報を分割し、あえて文字を読ませるデザイン

のぼりを真ん中から左右に情報を分割し、あえて文字を読ませるデザイン
【特徴】 ▪ 文章を読んでもらうことを優先にすることで、より多くの情報を伝える事ができる
▪ キャッチコピーを入れてのぼりを引き立たせる

縦書きの場合、日本人は右から左に読む習性がありますので、主とする情報を右に置くと良いでしょう。

多くの情報を文章で伝え、のぼりを長く注目して欲しい
お店・商品・サービス・説明を兼ねた宣伝
場所・行事・イベント・募集・セール・売り出しの案内

7.のぼりを上、真ん中、下と三つに分割し、それぞれの枠でアピールするデザイン

のぼりを上、真ん中、下と三つに分割し、それぞれの枠でアピールするデザイン
【特徴】 ▪ 三つの画面で様々な情報をアピールできる
▪ 3色の色の組み合わせによりシンプルだけど、おしゃれなデザインになる

文字情報のみのパターンは少なく、多くの場合文字と写真もしくはイラストの組合せでデザインされています。わかりやすいのはイタリアやフランスなど、色が3色ある国旗を表したい場合です。
このデザインは三分割した画面のどこに文字を置いても違和感なくデザインできるので真ん中だけではなく、上部や下部にも文字を入れてみてはいかがでしょう。

他の店舗が掲げているのぼりに差をつけたい!
お店・商品・サービスの宣伝
場所・行事・イベント・募集の案内

8.のぼりの上下に素材を配置し、メインとなる文字を中央に配置したデザイン

のぼりの上下に素材を配置し、メインとなる文字を中央に配置したデザイン
【特徴】 ▪ 上下に画像やイメージを入れることにより文字が強調される
▪ 空いた空間に小さくキャッチコピーを入れることにより多くの情報を伝える事ができる
▪ 背景に画像やイメージを入れるだけで簡単におしゃれなデザインになる

文字を中央に集約することによって、最も伝えたいメッセージを強調することができます。
上下に配置した素材は異なるものではなく、連動性や共通性の高い素材で統一感を演出しています。

文字を大きく主張したいけどおしゃれなデザインにもしたい!
お店・商品・サービスの宣伝
場所・行事・イベント・募集・セール・売り出しの案内

9.情報を縦に三分割した配置は文章として表現したい場合に効果的なデザイン

情報を縦に三分割した配置は文章として表現したい場合に効果的なデザイン
【特徴】 ▪ 多くの情報量を伝える事が出来る
▪ イメージを使ってのインパクトはない
▪ 左右に画像を置くことにより中心の文字が引き立つ

より多くの情報を文章として伝える事により具体的かつ的確に相手にアピールすることが出来ます。 ただし、車の運転手やバイク、自転車に乗っている人へのアピールには向いていないので注意が必要です。

文字も画像も情報を沢山入れたい!のぼりをじっくり読んで欲しい
お店・商品・サービス・説明を兼ねた宣伝
場所・行事・イベント・募集・セール・売り出しの案内

10.パターン化されたデザインではなく、よりオリジナリティを高めたデザイン

パターン化されたデザインではなく、よりオリジナリティを高めたデザイン
【特徴】 ▪ オリジナリティがあふれるのぼりで注目度が高い
▪ デザインを考えることが難しい

その他に分類されるデザインはよりオリジナリティを高めたものになります。
長い文章を並べたり、ロゴマークばかりを配置したり、縦でも横でもなく斜めに分割したりと自由度が高い点が特徴です。
今までの縦や横のデザインにこだわらず、自由にデザインした場合、オリジナリティの高いデザインののぼりが完成し注目を浴び、集客効果も上がります。

従来のデザインではなく、オリジナリティの高いのぼりにしたい!
お店・商品・サービス・営業・説明を兼ねた宣伝
場所・行事・イベント・募集の案内
色相環を元におしゃれな色の組み合わせを作る!
色には色相・彩度・明度があります。色相とは色味や色合いのこと、彩度は鮮やかさ、明度は明るさの度合いを表します。
色相環の中で、向かい合った色を補色と言い、お互いの色を引き立たせます。例えば赤と緑、オレンジと青のような組合せです。
配色の際、似た色を使うと非常に相性が良く、まとまります。同じ色相でも明度や彩度を変化させたり、似た色同士を組み合わせたり、色は違えど同じトーンで揃えるという組合せがあります。
まるいカラーチャート

従来ののぼりはポップなフォントやビビットな配色で人の目を引くことを目的としたようなデザインが多かったのですが、最近増えてきたものはパッと見の印象が随分とおしゃれになってきました。
従来ののぼりは「目立たせたい!」「文字を大きくしいろんな人に文字を読んでもらいたい!」というデザインが主流でしたが、おしゃれなのぼりのデザインは印象第一になります。
のぼりの文字でいいな、と思わせるよりデザインを見せていいな、と思ってもらうことが大切です。

従来のフォント、おしゃれなフォント

デザインするためにはPhotoshopやIllustratorなど専用のソフトを使いデザインすることが主流ですが、誰もがPhotoshopやIllustratorを持っているとは限りません。
下記のサイトでは専用のソフトがなくても、ウェブ上で簡単にデザインができます。のぼりに使用できるおしゃれな素材もそろっており、全て無料で使えるという点もありがたいです。
作ったデザインはそのまま印刷所に入稿が可能なので、印刷してもらえばイメージしているのぼりが手元に届きます。

Web上で!簡単に!無料で!

のぼりのデザインのパターンから実践的なデザインまでご紹介しましたがいかかでしょうか? のぼりを作ることはそれほど難しいことではないと感じていただけたなら幸いです。ご紹介した10パターンを参考にしながらおしゃれなオリジナルののぼりをぜひ作ってみてください。

他にもこんな記事が読まれています