のぼり旗のオリジナル製作ならのぼり印刷.com オリジナルのぼり・旗の激安印刷のことなら何でもご相談ください!

東京マラソンののぼり

"「ワールド・マラソン・メジャーズ(WMN)」に新たに加入した東京マラソン。
こんなに短い歴史で世界の主要6大会に認定されたのですから凄い人気です。

2013年も2月24日に開催されて、約3万6000人のランナーが参加したそうです。
驚くべきは走った約3万6000人のランナーだけではなく、参加申し込みの数です。
2012年の8月1日から8月31日までの第一次募集に応募した人は約33万人、これは公式発表ですからかなり正確です。

すごいのは、チャリティーランナーという枠があることで、なんと寄付を10万円すると先着3,000人が東京マラソンを走ることが出来るということ。
しかも、10万円寄付するのに参加費の1万円は別にしっかり必要で事務費も掛かるので合計で110,500円も掛かるというのです。

2月のマラソンの申し込みが8月いっぱいというもの凄いんですが、1次抽選に外れると二次抽選優先イベントが2回 あって、2013年10月20日『スマイルファンラン in お台場』と2013年12月8日『10キロタイムトライアル 東京開催』というものがありました。

33万人が応募するマラソンですから、走っている人も応援している人も東京マラソンをしっかりと楽しんでいます。
2013年は天気もよかったので沿道の応援も多かったようです、中継で目立ったのは個人の応援ののぼりが例年にも増して多かったこと。

気軽に10本くらい個人ランナーの応援にのぼりを作ってしまうという人も沢山いたようです。
実際には1本からでものぼりの印刷をしてくれるのぼりの専門店がありますから、何年も掛けてやっと抽選に当たっ たという人は応援ののぼりくらい家族の人が作ってしまうのでしょう。

抽選ですから当たる人は当たるみたいですが、ずっと抽選にハズレ続ける人もいるわけです。
走れなかった人は公式ボランティアに応募する人も多いそうですが、ボランティアまで抽選というのですから 東京マラソンの人気は本物です。"