のぼり旗のオリジナル製作ならのぼり印刷.com オリジナルのぼり・旗の激安印刷のことなら何でもご相談ください!

東京オリンピック誘致活動用ののぼり

2020年の東京オリンピック誘致活動で盛り上がっている2013年3月。
2016年のリオデジャネイロに続く2020年夏季五輪の開催都市に立候補している東京は、誘致活動でかなり盛り上がっています。

2013年1月から女子サッカーのなでしこジャパンの澤穂希さんが招致大使として、スイスのローザンヌの国際オリン ピック委員会(IOC)に出向いたり、東京での盛り上がりを演出したりと努力をしています。

国内での支持率が低いと言われているので、2013年9月7日にブエノスアイレスで開かれる国際オリンピック委員会 (IOC)総会で開催都市が決まりますが、それまで東京にはかなりたくさんの誘致を盛り上げるのぼりが立つと 思います。

雰囲気作りにのぼりはとっても有効です。
2012年5月に行った調査での国内の東京オリンピック誘致の支持率は47パーセントと言われています。
他の候補地のマドリードが78パーセント、イスタンブールが73パーセントと高い支持率を得ているので、日本の低さが目立ちます。

日本オリンピック委員会がある原宿駅前などに、オリンピック誘致ののぼりが立ち始めるのも時間の問題でしょう。
猪瀬直樹都知事も随分熱を上げているようなので、コマーシャルも入れ始めるでしょう。
株価も回復して来て、かなり2020年の東京オリンピック誘致活動が盛り上がってきていますが、正攻法では難しいか も知れません。

マドリードもイスタンブールもかなり強敵、これから日本が巻き返すのはかなりの努力が必要となるでしょう。
2013年の2月19日には開催都市決定まで200日となり、東京招致委員会は東京商工会議所と共催し、羽田空港国 際線ターミナルで記念イベントを行っていました、テレビのニュース映像でも目立っていたのは誘致しようと書いた のぼりでした。

3月に東京五輪招致 IOC現地調査始まり、安倍首相が未来志向の五輪強調の演説もしています、決定まで半年どこに決まるか愉しみです。